エラーデータ修正サービス

エラーデータ修正サービス

軽微なエラーを「無料」で修正致します

3Dプリントサービスを利用しようとして
データのレギュレーションやエラーの除去に悩まされた経験はありませんか?
アイジェットなら、軽微なエラー修正は無料で行います。
知見と経験に富んだスタッフが
お客様のデータをプリントに最適な状態へと加工・編集をし
御社の3Dデータ活用を応援いたします!!

無料エラー修正の対象

ブーリアン処理

複数のシェルで構成されたデータは、一部が分離されて造形されてしまう場合があり、3Dプリントにおいてはエラーとして扱われます。データを一括でブーリアンし、1造形物=1シェルとして造形に最適化します。


ステッチ

複数の面で構成されるデータは、面同士の僅かな座標ズレから、それぞれの面が板ポリゴン状に認識されてしまう場合があります。
これを修正することで、水漏れのない(バッドエッジのない)データになります。


法線方向の反転

データの外殻を定義する表面のポリゴン。ポリゴンには法線と呼ばれる表面・裏面の定義があります。法線が一部でも反転していると、水漏れのある(バッドエッジのある)データとして認識されてしまい、エラーとなってしまいます。
各法線を最適な方向に修正し、水漏れのないワンシェルデータに近づけます。


穴埋め・面張り

データ作成時には存在していたはずの面が、変換の最中に欠落してしまうケースは少なくありません。欠落した面を再作成することで、造形可能データにします。
※欠落した面が多い場合は、無料でのエラー修正では対応できない、またはエラー修正自体が不可能なケースもあります。エラーレポートを参考に、お客様での修正をお願いいたします。


厚みの付与

CG用に特化し、レンダリングで質感を表現するようなデータは、ポリゴン数の制限などで
特に衣服などが「厚み」の情報を持たない板ポリゴンで構成されているケースが多くあります。そういったデータでも、適切な方法で新規面を生成し、形状を与えることでプリント可能になります。通常手間のかかる厚みの付加をアイジェットが代行いたします!!
※処理が必要な箇所が多数に渡る場合、無料でのエラー修正では対応できない、または厚み付け自体が不可能な場合もあります。


破損の防止

多くの3Dプリントサービスでは、造形できる最低限の細さ・薄さを規定しています。
アイジェットはそれらのサービスより、より微細な造形依頼に対応するノウハウを持っていますが、それでも破損しかねない厚みというものは存在しています。
アイジェットでは、造形依頼されたデータの厚みを検証し、適切な厚みに編集することが可能です。
※薄肉箇所が複数にわたる場合、無料でのエラー修正では対応できない、または修正自体が不可能なケースもあります。

エラーの状況によって
お客様へレポートを作成致します

修正に費用がかかってしまうエラーや、修正が不可能なエラーの場合でも、ご安心ください。お送りいただいたデータの、どのような修正に費用がかかってしまうのか、どのような状態なら修正可能なのかをレポートを作成しお返しいたします。
必要な費用の内訳をお知らせすると同時に、3Dプリントに適したデータとはどのようなものか、検証の重要な手がかりになります。

入稿前にセルフデータチェックをおすすめします。

入稿前に、データのチェックを推奨いたします。データのチェックには、無料で利用できるSTLビューワの「「POLYGONALmeister(ポリゴナルマイスター)」MiniMagics(ミニマジックス)」をおすすめしています。

POLYGONALmeisterの主な機能

  • ・クリーニング機能
    (OBJ、PLY、OFFは形状のみ取込可能です。)
  • ・細分割
  • ・簡略化
    (ポリゴンのデータサイズを削減するために、ポリゴン数を減らす)
  • ・穴埋め
  • ・リメッシュ

POLYGONALmeisterをダウンロード

MiniMagicsの主な機能

  • ・STLの可視化(テクスチャ含む)
  • ・STLエラー(反転、接続不良)の可視化
  • ・パーツ情報表示
    (寸法、座標、三角数、体積、表面積など)
  • ・断面表示
  • ・寸法測定
  • ・STL、mgx、magics形式ファイルの入出力

MiniMagicsをダウンロード

見積・お問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください
03-6435-2670
営業時間:9:30〜18:30(土日祝・休)