真空注型について

真空注型について

真空に近づけた槽の中で樹脂を型に流して硬化させて、製品を複製する工法です。真空注型は気圧差を利用することで完成度を高めています。おもに試作品やRPで利用されています。

低コスト・短納期で、変更にも柔軟に対応

従来のような金型を製作する場合に比べ、期間とコストを大幅に削減することができます。設計変更が発生した場合も、3Dデータを調整すれば柔軟に対応できます。

一体成形でプリントできる

従来の切削加工では分割して製作しなければならないような形状・構造の場合でも、真空注型ならば一体で成形することができます。

樹脂に着色できる

サンプルに合わせて樹脂を同等色に調色することもできますので、イメージにあわせた試作を製作することができます。

見積・お問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください
03-6435-2670
営業時間:9:30〜18:30(土日祝・休)