case-top.jpg

ケーススタディ

3Dテクノロジーを活用したさまざまな事例をご紹介します。

adidasプロジェクション用シューズを製作

エンターテイメント

自分の好きな色、デザインを自由にカスタマイズが可能なmi adidas(マイ アディダス)。

そんなmi adidas(マイ アディダス)から、お気に入りの写真やグラフィックで、世界に一つだけのスニーカーがカスタマイズできる

「mi ZX Flux Photo Print(マイ ゼットエックス フラックス フォトプリント)」が登場し、その発表イベントがDAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYで行われました。

スニーカーへのプロジェクションマッピング高精度CTスキャンを使用して、完成度の高い作品に仕上げることに成功しました。プロジェンクション用スクリーンとして利用するという事で、歪みが少しでもないようにするため、マージ作業(つなぎ合わせ)や、点群の重複、ダブツキがないような技術でスキャンしております。質の良いデータをつくることで、3Dプリントしたシューズのクオリティを高めることができました。

今回技術提供した、アディダスジャパン株式会社のストリートスポーツウェアブランド「アディダス オリジナル」より、スニーカーカスタマイズサービス「mi ZX Flux Photo Print (マイ ゼット フラックス フォトプリント)」が2015年2月5日(木)から日本国内で本格的にスタートしています。


詳しくはこちら