エンタテインメント3Dデータ

Berlin x Tokyo デザイン・アート・カルチャー展

 2014年11月29日(土)—11月30日(日)に『Berlin x Tokyo デザイン・アート・カルチャー展 』が六本木ヒルズ展望台・東京シティビュー、52階屋内展望フロアにて開催されました。

アイジェットは、アナマグループのデジタルヴィジュアルクリエイティブ集団「Hydroid」と組み、ファッションと3Dプリンタを融合させた作品を展示しました。
 
イベント内では、未来のファッションの可能性を体感できる着装エキシビジョンを行ない、多くの来場者で賑わいました。


 



3Dプリンタで作られるファッションについては、度々話題になっています。
3Dプリンタで作るものと言うと、3DフィギュアやiPhoneケース、部品などを想像される方が多いかと思いますが、実はファッション業界でも3Dプリント技術が取り入れられています。

例えば、有名なケースでは、世界的なシューズブランド「ユナイテッドヌード」が3D Systems社と共同で3Dプリンタで出力可能なシューズを発表したり、衣類を出力できる3Dプリンタも開発されています。
 
衣裳を作成するにあたって使用した3Dプリンターは日本で唯一稼働しているiJet保有のPROX500。ナイロン粉末造形で、自動車、電機、機械、航空宇宙、医療など様々なエリアで利用されている世界でも注目されている3Dプリンターです。
 









またyoutubeにて弊社の公式チャンネルを開設いたしました。
iJet公式チャンネルに今回制作した衣裳の作業工程を記録した映像を公開していますので、こちらもあわせてご覧下さい。

 

Design / Visual direction : 谷合 孝志 (Hydroid)/ Takashi Taniai

3DCG: ロマン・ハダード (Hydroid) / Haddad Romain

3D Printing direction : 平等 之博 (iJet) / Yukihiro Byodo

Photographer : 曽根原 健一 (parade)/ Kenichi Sonehara

Stylist : 朝日 タケ彦 / Takehiko Asahi

Hair-Makeup : 川村 寛蔵 / Kanzo Kawamura

Model Casting : 市川 輪美 / (needsplus) / Rimi Ichikawa

Model : KYOKO (agence presse)

Software implementation : 釜田 俊介 (amana) / Shunsuke Kamata

                               新津 理人 (amana) / Rihito Niitsu

 Music under creative commons license

Artist : Th.e n.dhttps://soundcloud.com/th-e-n-d

Title : "The bane of Tadziu"

一覧へ戻る

見積・お問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください
03-6435-2670
営業時間:9:30〜18:30(土日祝・休)