3Dスキャン・リバースエンジニアリング3次元測定とプロトタイピングのことならジェットエンジニアリングにお任せください  iJet ENGINEERING

リバースエンジニアリングとは

リバースエンジニアリングとは、設計>製造という手段とは逆の、製品から設計データを制作する手法の事を言います。
過去に製造された製品の設計データが無い場合や、クレイモデルのCADデータ化など、
これまでとは違った製造アプローチが可能となります。
データ化することにより変形や調整が容易になることでの
スケジュール短縮や、管理・保全の面でも安全性が高くなります。

実物から三次元測定でCADデータに変換

  • 図面が無くてもCADデータ化できる
  • クレイモデル等のCADデータ化
  • 元のCADとの比較検査・形状評価
  • 職人の作り上げた形状をデータ化
  • 図面が無くてもCADデータ化できる
  • クレイモデル等のCADデータ化
  • 元のCADとの比較検査・形状評価
  • 職人の作り上げた形状をデータ化

アイジェットの強み

STLデータの最適化に強い

リバースエンジニアリングでは面を張る前のデータの処理がとても重要になります。
その際、測定データは点群データであり、STLに変換して調整を行います。
弊社ではCG分野で様々な活動を行ってきた経験から、
ポリゴン状態における調整、最適化のノウハウが御座います。

レーザースキャナ
X線CT・光学式と、対象に合わせた測定方法

昨今非接触測定器は様々な種類がありますが、
其々得意とする材質、サイズ、形状などがございます。
弊社ではお客様の目的に合わせた最適なスキャン提案を行っており、
安心してご依頼頂けるようサポート致します。

多彩な3Dプリンターとノウハウがあるから
試作制作もまとめて作ることができる

弊社は3Dプリントサービスを基盤に成長してきた企業の為、様々な出力造型機を所持しております。
また、長年のノウハウもあり高品質・短納期で試作品を製作し、収めることができるのです。
リバースエンジニアリング後、そのまま試作品をつくり形状を確認する、ということが可能になり、
データ制作から形状の確認・監修までを一気に行うことができます。

納品までの流れ

納品までの流れ
納品までの流れ

データ転送サービス以外でのお受け取りも可能です。
別途媒体費用を頂きますが、CD-R、DVD-R、USBメモリ、SDカード等でのデータ納品も承っております。

3Dスキャン

最適な測定機器をご提案

弊社では、測定機器として非接触式を中心とした、複数のスキャニングマシンを使い測定しております。というのも、それぞれの測定器には得意不得意があり、一台のマシンのみで様々な要望にお答えすることが不可能だからです。以上の理由から、対象についてお聞きした後、最も良い測定機器をご提案させていただいております。

使用している機器としては、X線CT・大型レーザースキャナー・光学パターン投影式・小型レーザースキャナー等をメインに扱っております。

ポイントデータからポリゴンデータへ

スキャニング直後のデータはポイントデータが集合した、点群データです。そこから、余剰点や、不要なノイズを除去し、三角面の集合体である、ポリゴンデータへ変換します。

そのままでは膨大な量のポリゴンで、データ量が無駄に多くなってしまう為、デシメーション・リメッシュ・最適化等を行い面張りの準備を行います。

対応可能フォーマット

リバースエンジニアを行う際には、以下のようなタイプへのCADデータを制作することが可能です。
形状や目的に応じて、弊社でアドバイスさせて頂きます。

オートサーフェス

STLの形状に忠実な自由曲面サーフェスをパッチ状に貼り付けます。

CADライクモデリング

STL形状を元に、幾何学形状を抽出し、CADデータのモデリングを行います。納品するデータは、他のCADソフトでも編集が可能です。

ハイブリッドモデル

オートサーフェスと、CADライクモデリングを組み合わせて形状を製作します。機械形状と手作業で削った部分の合成などを行うことが可能です。

データ形式・公表精度

オートサーフェス 0.01mm~ ※使用する測定器により異なります。
トレランス設定 0.01mm設定で制作、及び出力
リバース精度 オートサーフェス精度 ±0.05mm
CADライクモデリング精度 ±0.05mm ※対象のサイズ、材質によっても異なります。
※フィレット部分は偏差が強くなりやすいです。
納品データ形式 CAD系データ .IGES .STEP .Parasolid .DXF
点群系データ .STL(バイナリ・アスキー) .OBJ .VRML ※基本的には中間ファイル、汎用フォーマットでの納品となります。
その他の形式に関してはお問い合わせ下さい。

測定精度・点間ピッチ

測定精度

対象物を測定した際に、実際の位置と測定点との誤差の範囲を表しています。

点間ピッチ

測定点毎の平均的な距離の事を表します。X線による測定の場合「解像度」とも言います。

リバース精度

測定データとリバース後のCADデータとの誤差の事を表します。基本的に測定データが細かな程誤差は少なくなります。主にフィレットがかかっている部分で差が激しくなります。

機密保持・守秘義務契約について

情報漏えいを防ぐ目的や、機密保持の観点から
クライアント様の情報、資料、データは納品後1週間程で処分させて頂きます。

機密保持の契約が必要な場合は、お客様の様式に従い締結します。
また、上記契約を行わない場合においても、お客様の情報、対象物、画像、資料を含め、
お客様に関わる内容について無断での利用は行いませんのでご安心下さい。

また、データについてもお客様からのお申し出が無い場合は納品後一週間程で削除させて頂いております。
依頼者不明や、不審と思われる案件に対しては、ご辞退させて頂いております。

見積・お問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください
03-6435-2670
営業時間:9:30〜18:30(土日祝・休)